Post ID 4

自分で初めてピアス孔を開けようと考えている方は、雑貨屋などで販売しているピアッサーを使うのが安全です。その際はロングタイプを選んだほうが、一層ケアが行いやすいです。加えて、素材は医療用ステンレスかチタンでできたもののほうが、金属アレルギーの心配をせずに実施できます。
生まれて初めてピアスの穴を開けた場合は、2カ月くらいは抜かないでください。とは言え、2カ月くらい経っているのに患部が安定してくれないケースでは、アレルギー体質を持っている可能性が高いです。すぐに近くの医師の所へ出向いて診てもらうといいです。放置してしまうとさらに悪化して菌が体の他の部分に広がる恐れも考えられます。

自分でピアスを開けてしまう人には、熱した画びょうや安全ピンを利用して強引に開けてしまう方も存在していますが、絶対によしてください。とても危ないです。お店でピアッサーという専門のツールを購入して、慎重に穴を作ってください。値段的にも1,000円前後なのでそれほど高くはないです。
ピアスの穴を入れたのに、しばらく使用していないと穴がふさがることってありますよね。人類に備わった自己治癒能力により、そういったことになってしまうそうです。ですので一回ピアスの穴を入れたのでしたら、そうならないように続けてピアスをし続けることが重要になってきます。
近所の病院やクリニックでピアスの穴を開けるときには、耳に希望する位置を知らせるために、最初にペンでマーキングをして病院やクリニックに出向くと段取りが早いです。洗面台の鏡を真っすぐ眺めて、左右のホールの位置がバランスよくなっているかしっかりと調べてみましょう。じっくりと冷静に印付けをしてください。

自分でピアスの穴を拡大する方法も存在します。その拡大作業を拡張と一般的に言いますが、太いサイズのピアスを耳に付けたり、拡張専用の器具を穴に装着したりします。何にせよ耳の状態が落ち着いたころに拡張作業をやってください。クリームをピアスのピンや拡張用の道具にしっかりと塗って、通りをよくしましょう。
ピアスそのもののサイズを考えると、ピアスの穴は耳たぶの下1/3の位置に作った方がいいと言えます。なぜなら径のかなり小さいピアスを耳に付けるときは、耳たぶの中央だと付けられない場合もあるためです。小ぶりで主張の過ぎないピアスを付けるつもりの人なら、耳たぶの下1/3の位置にホールを開けるといいです。
自分の家でピアスの穴を消毒する方法は決して難しくはないです。専用の消毒用の薬を購入するか病院やクリニックでみつくろってもらい、その液体を綿棒などで辛抱強く1日2回、ホールに添付してみるといいです。表だけではありません。耳たぶの裏面にも綿棒やティッシュで消毒液をちゃんと吸わせましょう。特にお風呂上りが効きやすいので忘れずに頑張ってみてください。

Leave a Reply

*



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>