後悔しないピアス選び

大部分の面接官はピアスのホールを昔ほど気にはしません。悲観的にならなくても問題ないかもしれないですが、やはり穴が気になるなら、何かしらの対策をする方が安全かもしれません。とりわけ就職活動の大詰めで高齢者の会社役員と面接するときは、注意して挑んだ方が安全かもしれません。肌色のクリームをピアスホールに押し込んで目立たなくするといいかもしれません。
もともと耳たぶの大きさは、財運を表すと思われています。耳たぶの発達している人は福耳と言われているのですが、その福耳を象徴する発達した耳たぶにホールを開けてしまうピアスです。財運を落とすと一部で言われています。とは言え、あくまでも一部の占い師の意見です。気にならないならば、堂々と装着しても問題なしです。

日本国内でピアス類が一般的になったのは、1930年代の初めと見られております。その時代に外国のファッション文化が日本にも入りだし、東京などの女性を主体としてピアスを付けるみなさんが出現してきたそうです。それまでは、親から授かった体に傷を付けることは考えられないことと避けられていました。
多種多様なデザインがリリースされているピアスです。ドレスなどにしっくりとくるピアスや、カジュアル服にぴったりと似合うピアスなど、服やロケーションにマッチしたピアスが各種出回っているので、TPOに合わせる感じで選ぶといいです。髪型などともバランスや相性があるため、一通り規則を身に付けるといいです。
耳以外にピアスを付ける部分はといえば、たくさんありますよね。多いのはおヘソや鼻周りなどの箇所ですけど、場合によってはくちびるや舌の裏筋に穴を入れて使っている方も存在します。つまりピアスが付けられる場所ならばほぼどんなところでも付けられるようですが、できれば痛そうに見える部分は止めて欲しいところです…

男の人がピアスを身に付けていても今の社会なら何も言われないですが、やはりビジネスの現場で注意を受けてしまう恐れはあるかもしれません。その一方女性の場合には、仕事の場面でもオッケーなケースがほとんどです。大丈夫と言うよりも適度なピアスは必須とも言えます。控え目な仕事専用のピアスを用意してください。
片方の耳にだけピアスを装着していると、何かしら特別な意味が出てしまうのではと考える人も居ますが、余り神経質にならずにいてください。ゲイやレズビアンを意味してしまうと思っている方も中には居ますが、大多数の利用者は詳しくその意味を知りません。感性に従って好き勝手に装着するといいです。
ピアスは、G(ゲージ)あるいはインチでサイズを示しているそうです。ゲージの最も大きな値は00Gで太さは約1cmに造られています。インチで作り上げる製品につきましては最高で26mmほどに製造されているものもあります。市販の製品は、ほとんど20Gや18Gのタイプが主です。ちなみに、ピアス穴を大きくする行為のことを「拡張」といいます。

コメントを残す

*